きちんと方法を知ればセルフマッサージで効果も

マッサージをすれば、体のあちこちにあるツボを刺激して健康を促進することができます。他人に肩や腰を揉んでもらうことができない場合は、セルフマッサージをすることがおすすめです。肩などの筋肉は、疲労が蓄積していたり、血液の流れが良くない場合には硬くなってしまうため、風呂あがりなどにはマッサージをすれば血行が良くなって肩こりも解消できます。 マッサージの方法やツボの位置を知ることは、健康のために役立ちます。ツボの位置を分かりやすく解説している本があれば参考になり、適切な指圧方法も知ることができます。背中の部分については、自分の手で揉むことが難しいものです。マッサージチェアがあればいいのですが、伝統的な孫の手という道具を使うこともおすすめです。手が届きにくい肩甲骨の下などは、孫の手を使えば簡単に揉むことができます。肩甲骨の付近も肩こりをしやすいものですから、定期的にマッサージをしてあげることが大切です。 マッサージを日常的に行っていれば、効果も確実に実感できるようになります。血液の流れがよくなるため、柔軟性のある体になります。疲労も蓄積しにくくなり、毎日の散歩も楽しくなります。当然ながら、食事生活も健康的である必要があります。タンパク質とカルシウムが不足すると丈夫な筋肉や骨が作れなくなるため、肉や魚をバランスよく食べることが大切です。乳酸を筋肉に蓄積させないために、クエン酸を含む酸っぱい果物や梅干しを食べることも大切です。 食生活を改善させて、さらにマッサージもしていれば肩こりや腰痛にかかるリスクを大幅に軽減できます。足裏や手のひらの付近には特にツボが集中しているため、時間があるときには指圧して刺激してあげると効果的です。足湯に入りながら肩のマッサージをすることも実に効果的で、免疫力も強化することができます。孫の手などの便利グッズを使えば、全身の筋肉を揉みほぐすことができます。内蔵に作用するツボを刺激すれば、胃腸などの調子を整える効果も得られます。

Copyright(C) 現代人の悩み「肩コリ」をマッサージするには All Rights Reserved.